白内障と緑内障。とも目に関する病気ですが、こういう二つは全く違うものです。
緑内障を患っておられる方にとって、白内障は併発しやすい注意すべき病気で、これらの病気を予防、あるいは治療するためにも、是非違いを知っておきましょう。

白内障は、水晶体の中が白く濁り、物がかすんだりぼやけて思えたりするようになる病気で、実は老眼も初期の白内障と言えます。物を見極めるときにピント合わせをする役目をしているのが水晶体(レンズ)で、こういう水晶体が濁り、ひいては硬くなってピント合わせの幅が小さくなり、融通が効かなくなった状態が老眼になります。

白内障は早い人では40歳くらいから発症し、80歳になるとほとんどの人がなんらかの白内障によると言われています。日本では白内障を患っても専ら放置しておかない限り失明講じる確率はかなり悪いですが、世界的に見ると白内障は失明率トップの眼病となっています。
光をまぶしく思えるなどの症状が出たら、早めに眼科をめぐって検査・治療を受けるようにしましょう。白内障の場合手術をすれば視力は回復します。

一方緑内障はというと、眼圧が挙がる結果視神経に障害が起こり、視野が欠けたり小さく上る病気だ。
眼の中には房水という眼の中を循環始める液体が塞がり、その房水の循環によって眼球には一定の圧力が加わってある。こういう圧力を眼圧と言い、こういう眼圧が高くなる(眼球がごつく至る)と視神経に障害が起こり、緑内障を発生させると考えられています。

白内障も緑内障も、同様に40歳頃から発症することが多い眼の病気ですが、白内障は手術をすれば視力は回復するのに対して、緑内障は先ず視神経に障害を受けると、現在では元に戻すことが出来ない病気だ。

白内障と緑内障はとも目の病気として、緑内障を疑って眼科で検査していくうちに、白内障が探せる場合があったり、また、緑内障と白内障は全く違う病気ですが、併発することも多くあります。
緑内障と白内障を併発した場合の治療として手術が考えられますが、一方の手術を行うと、更に一方の病気が進行して仕舞う恐れもあり、緑内障と白内障を併発する事は大きなリスクとなります。このため、どちらかの病気が軽々しいうちに早期治療しておくことは、病気の進行を統べるために大切です。http://xn--eckiuwnk1dp1ppgqaoi9a5fg4m.xyz/