日本人女性の嗜みとして茶道を習う風潮があります。現在は昔ほどではなくとも、大人の女性の習い事として気になっている方は多いはずです。
ただ「細かすぎる作法についていけなさそう。」「邪魔が多くて憶えられないかも。」と心配する声もそれほど聞こえます。ですが、やってもみないであきらめ遠ざけてしまうことが一番よくないことだ。ですので、何事もチャンスがあれば、更に習い事は体験などで試してから入門するか悩めばいいかと思われます。
漸く日本にいながら和の文化を知らないのではもったいないです!お茶は本来「お茶を飲み込む方へのおもてなし」を徹底して考えられ作られた文化なのです。茶道教室は全国にありますが、習って要る方の意見を聞くと「お茶をたてると心が癒される」「お茶の香りでリラックスできる。」「日本人らしさを学べて教養を高められる。」など良いことがたくさんあります。作法は流儀によって色んなやり方はありますが、後で設ける初心者にとってはそんなことをあれこれ策することは必要なく、覚えていくうちにわかればいいことだ。ただ初めて習うと基本ルールは続けるようには言われています。ですので、どういったことを学びたいかで目標などを決めてから習う事をおすすめしている。「自分の地域でこちらの流派を覚えるほうが多いから自分も同じようにできるように決める。」とか「近所の先生の大きな看板をだしておる茶道教室の流派に従ってみよう!」とかいる場所で判断される方も居る。地域交流で大活躍するのが茶道ですので、自分の住む土地の関係を知ることは大事になります。といっても、二度と面倒に見まがうようであれば地域の公民館などで主催している茶道体験からスタートしてみたらよいでしょう!そこで質問されたら聞こえることもたくさんあります。
ちなみに表千家のお茶のたて方は大げさに泡をたてないに関して、裏千家は逆に詳しい泡をたてるという作法があります。
座り方に関して言えば膝をこぶし一つ分あけるとか、畳の歩き方でいえば表千家は6歩で進み畳一畳分を歩き回りますが、裏千家は5歩で有難いなどこういう詳しいものがあります。
お茶をたてるには便利な道具を揃えたりしますが、まずは教わる先生に相談してから購入するようにしましょう。そろえて便利なのは4点、「ふくさ」「楊枝」「懐紙」「扇子」だ。
ふくさは流派によって色も変わってきてしまう。どうしても奥深い茶道ですが、ようやくみたらおもしろくはまってしまう。
習い事に行くのに着物でなくてはならないかといえばそんなことはなく、仕事帰りに習う方もいますので私服でラフをめぐっても良いかとりあえず確認して教室を選ぶのも良いでしょう。これは華道や着付け教室も同じです。イビサソープは楽天やAmazonが最安値って本当?