暑い夏を乗り切るために、日本人は昔から梅酒で作った白々しい飲み物を飲んで来ました。
爽やか梅の香りと甘さで、誠に美味いものです。
梅酒は、おいしさと夏バテによる疲労を回復させる効果があるので、昔から日本人の馴染みのものとして各家庭で作られて来ました。
今でも梅酒作りは、廃れることなく人気ですよね。

梅酒には沢山の効能があるはご存知でしょうか。
一旦、疲労を回復させるのは梅酒においてあるクエン酸のおかげです。
クエン酸は栄養素をスムーズにエネルギーとしてもらえる働きがあるので、ヒーリングに役立つのです。
またクエン酸は唾液の分泌を促してくれるので、食欲を増進させますし、消化吸収を支える働きもあるので、夏バテで食欲がなくなる時折積極的に飲むといいかもしれません。

しかも梅酒にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているのです。
ビタミンB1、B2やビタミンCはヒーリングにはかなり役に立つビタミンだ。
またヒーリングだけではなく、腰痛や肩こりにもその痛み等を緩和させる作用があります。

梅は酸っぱいのですが、アルカリ性であるという点も優れていることの1つだ。
現代人は肉食が多くなっていますが、これは体液を酸性化してしまう。
体が酸性に傾くと血液がどろどろになってしまうのですが、その時にアルカリ性のものを一緒に摂ると、体を中和させる効果があるのです。
食事の時に梅酒を一緒に摂れば、体が酸性になることを防げますし、それは体に耐性を塗る事にもなりますので、夏バテ対策にもなるのですよ。

梅酒はその名の通りお酒の一種だ。
こういうアルコール分が血行を促進して得る役目をします。
エアコンで体が冷えると血行が悪くなりますので、夕食の時に一緒に飲むといいでしょう。

梅酒の作り方はとても簡単です。
材料は青梅1kg、氷砂糖400〜600グラム(甘さは好みなのでご自分で加減ください)、ホワイトリカー1,800ミリリットル、広口のガラス瓶(ホームセンター等にことごとく売っています)を用意します。
青梅は水でそれほどすすぎヘタを取り去り、水分はぐっすり拭き取り置きます。
広口瓶に青梅と氷砂糖を交互に入れて行きます。
(広口瓶はとにかく清潔なものを取り扱う必要があるので、熱湯で消毒したり、又はアルコールで激しく拭いておきます)。
そこへホワイトリカーを注ぎ入れ、冷暗所に置いておくだけだ。
大体3か月くらいで飲めるようになります。http://www.debweb.nl/