夏バテ予防に江戸時代から鰻が食べられてきたことは、思い切り知られていますが、実はしじみも夏バテ対策として、江戸時代から食べられてきました。
「土用のしじみは腹薬」という言葉もあるくらいなのです。
しじみが滋養強壮に効くというイメージはあまりありませんよね。
味噌汁の具としてしか考えていない人も多いかと思います。
ですが、こういうしじみ、とても栄養多く侮れない食材なのです。

しじみは良質なたんぱく質を豊富に含んでいらっしゃる。
その他、たんぱく質をエネルギーとしてくれるビタミンB2,造血作用のあるB12を含み、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも豊富です。

ですが、しじみの一番の特徴としては、オルニチンという成分が豊富に含まれているという点があります。
こういうオルニチンは肝臓の機能を高めて、体内のアンモニアの解毒を促進する作用があります。
アンモニアは体に悪影響を及ぼす物質だ。
こういうアンモニアが増えると、体は疲労してしまう。
ですが、オルニチンがアンモニアの解毒を促進して得ることにより、リラックスに通じるのです。
肝臓が元気な人と、肝臓が弱って掛かる人とでは、その疲れの度合いが全く違うともいわれています。

また、肝臓は内臓の中でも一番大きくて、どんと構えているように見えて、意外にストレスにないのです。
ストレスがかかると肝臓の働きが悪くなります。
肝臓はリラックスしておる状態を好む臓器なのです。
オルニチンはそのストレスから生じる肝臓の働きをも活発にできるのです。

しじみには、必須アミノ酸の1つですトリプトファンも含まれています。
こういう成分は、清々しい眠りを誘うメラトニンを生み出すきっかけだ。
ですから、しじみを摂ると喜ばしい睡眠がとれるようになります。
それはつまりはリラックスに陥るということになります。

しじみをおいしく含めるには、如何なる料理がいいでしょうか。
一旦代表的なのが、しじみの味噌汁でしょう。
しじみの出汁がしばしば出て、相当おいしい味噌汁になりますが、しじみが僅か小さめの貝ですし、汁の中に栄養が溶け出していると思い、汁だけ飲んでしじみを残す人もいらっしゃる。
でもそれは間違いだ。
しじみ自体もきちんと食べないとその栄養をとり損ねますよ。
また、しじみを砂糖、醤油、しょうが等でゆでるしぐれ煮も、ごはんによく合い、食欲もわいて現れる一品でしょう。www.kroevenbad.nl