下半身太りの原因は大きく分ければ5つになります。
1つ目は、脂肪のつきすぎによるものです。
後は、むくみによるものです。
3つ目は、体の冷えや血行不良によるものです。
4つ目は、筋肉量の不足によるものです。
5つ目は、体の歪みによるものです。

最新の脂肪のつきすぎについてですが、脂肪は細胞が肥大化していくとセルライトができてしまいます。
セルライトがあると皮膚がデコボコとして見える。
皮下脂肪を見逃したり、体が冷えたりむくんだりすることでセルライトはでき易くなります。
セルライトは下半身につき易く落ちにくいだ。
そのため一度ついてしまうと洗い流すのも大変になります。
セルライトを減らすための対策としては、ほんとに体の冷えを解消して血行を促すことです。
固まってしまった脂肪をほぐしていくことが大切です。
セルライトを減らすためのおすすめの方法としては、温冷マッサージ、リンパマッサージ、早歩きなどがあります。
温冷マッサージは、40度くらいの湯船に3分使った後、20度以下のぬるめのシャワーを30秒あてて、これを3回繰りかえす方法だ。
リンパマッサージは、お風呂上りなど血行の良くなった状態で脚を下から上へマッサージを行います。
早歩きは、小走りで3分走った後、普通に3分歩いてそれを5回増やす方法だ。
勿論これら以外にも揚げ物、甘いものは控えて食事は腹八分目程度にするように気を付ける必要があります。

後の体のむくみについてだ。
毎日中のぼり仕事をしていたら夕方には足がむくんできたという経験をした人は多いと思います。
体内の水分が溜まってしまい排出されないと体にむくみが生じます。
水分を摂りすぎたり、塩分を摂りすぎたり、運動不足だったりするとむくみ易くなります。
体のむくみを放置すると脂肪の蓄積を加速させることにもなるので、下半身太り解消のためにもむくみ対策にも気を付けていきましょう。
体のむくみ対策としては、塩分を削ることです。
外食の多い人、スーパーなどのお弁当を美しく食べる人は塩分過多になりやすいだ。
自炊を通じて塩分を控えめにするようにしたり、運動を通じて汗をかき塩分を体外へ排出したりできるように意識して生活ください。
むくみ解消のための方法としては、一番はウォーキングだ。
毎日去る駅を仲間手前で降りて1駅分あるくようにするとか、継続してもらえる方法を見つけましょう。
20分ほど半身浴をする。
バナナやホウレン草、納豆などむくみを解消する食品を食するなどの方法があります。参照サイト