近年、なにかと話題になっている糖質制限ダイエットですが、皆さんはどうですか?
どういう方法なのだろうと思っている方も多いのではないでしょうか。
今回はあんな糖質制限ダイエットについてご紹介します。
人体には、空腹で血糖値が低下した時でも活動を持続させるため、血糖値を上昇させる働きを持つホルモンが複数存在します。しかし、一方で、食べ過ぎて血糖が上昇した時、それを低下させるホルモンはインスリン一つしかありません。
これは、体の成り立ちを考えれば当然だ。
人類の歴史を振り返ると、それは常に飢えとの闘いで、飢えをしのぐために育てやすいように品種改良を重ねて得てきた穀物が、米や小麦といった炭水化物だ。
炭水化物は、食べて一気に糖に分解され、血糖値をあげます。人体にとって、非常に栄養効率のいいエネルギー源なのです。
ですので、糖質への欲求を制御するのは本能的には困難と言えます。
日本人は、まじめな気質につき、糖質制限をすると決めたら、徹底的にやる人が多く見られます。しかし、体が糖質を必要としているのに、完全にオフしてしまうのは滅法危険です。「一切取らない」というのではなく、「少しずつ量を減らして、控えめにする」というのが安全で効果的な糖質制限法だ。
糖質制限ダイエットを成功させるコツとして、野菜はサラダにするよりも加熱してとるのがおすすめです。
ダイエットのカギは、食いでだ。
速く食いでを得ることができれば、自然と食べすぎずに済みます。
食いでを得るには、2つの手段があり、
?血糖値を引き上げる
?胃袋を膨張させる
こういうどちらかを食事開始後、早い段階で達成することが重要です。
?のためには、当然のようですが、ゆっくりとよく噛んで摂ることです。
一心に噛むと、召し上がるのに時間がかかるので、その間に血糖値が上昇します。すると、脳における満腹中枢が刺激され、食事の途中でも食いでを得られるのです。
?のためには、やはり物理的にお腹を膨らませることです。
食事の前に、ところてんやこんにゃくなどカサのあるものを食べておきます。胃がいっぱいになっていれば、無論、そんなふうに多くは入りません。
ただ、ダイエットで燃やすべきは、あくまでも「取り過ぎている炭水化物」だ。
たんぱく質やビタミン、ミネラル類などは体の機能させるうえで必須なのでそこは適量を正しく盗ることが大切です。
糖質を制限しつつ、温野菜として野菜を摂取することが、糖質制限ダイエットにつながります。http://www.lifteco.cz/