サッカリド制限ダイエットは、効果を実感し易いダイエット法として知られています。しかし、中には「サッカリドを制限しているのに何だか痩せない」と苦しむ人も少なくありません。
こんな方は、サッカリド制限ダイエットの方法に原因がある場合もあれば、そもそも体質的にサッカリド制限ダイエットが向いていない場合も考えられます。
今回はサッカリド制限ダイエットで痩せない原因をご紹介します。
サッカリド制限ダイエットをしているのに痩せない原因としては、主に2つ考えられます。
1、あっという間にサッカリドを摂って掛かる
とても、知らず知らずのうちにサッカリドを摂取しているということが考えられます。サッカリドというと、一般的に米やパン、麺類などの主食をイメージされるほうが多いと思います。しかし、実は、芋類やカボチャ、にんじんなどの野菜にも含まれているのです。他にも、ダイエットの定番です春雨にも要注意です。春雨はジャガイモなどを原料とするでんぷんから作られているため、サッカリドが豊富に含まれています。
このように、サッカリドが入っていないとしていた食品にも、ほんとに多くのサッカリドが含まれていたはあり得ます。サッカリド制限ダイエットを行う場合は、いかなる食品にどの程度のサッカリドが含まれているかを把握しておく必要があります。
2、基礎代謝が低下している
次に、「筋肉が落ちて基礎代謝量が薄くなったこと」も痩せない原因として考えられます。
サッカリドは人間の身体を動かすエネルギー源のひとつだ。そのサッカリドを制限すると、代わりに筋肉中のたんぱく質がエネルギー源として使われてしまい、筋肉が分解されることがあります。
筋肉量が落ちてしまうと、それに比例して基礎代謝量も少なくなってしまう。基礎代謝は運動を通していなくても、呼吸や姿勢の維持などさまざまな活動で生きる最低限のエネルギー消費だ。基礎代謝量が低下するは、単純に消費わたるエネルギー消費量も低下するとして、その結果、「痩せ難く太りにくい」体質になってしまうこともあります。
サッカリドを止めると、筋肉中のたんぱく質がエネルギー源として分解されるためどうにも筋肉が減少し易い傾向にあります。ぜひとも筋肉を落とさないように、負荷の大きな運動をしたり、筋肉の素となるたんぱく質を数多く摂取したりすることが大切です。http://xn--q9j2cye2ioas2866ho7wc.xyz/